電気工事士の誇り

君らがいてくれてよかった

私たちが施工する、新築オフィスや商業施設の電気設備は安全に使えて当たり前です。 そのため私たちの仕事にミスは許されません。

そんな業界で、私たちは施工のプロとしてあらゆる現場からお声がけいただいています。営業活動をせずとも仕事は舞い込みます。

その結果、ある現場監督から「君たちがこの現場に入っててくれてよかった」と言われたことがあります。 施工のクオリティや納期厳守の姿勢が評価され信頼を勝ち取ったと思っています。

良い仕事をして信頼を獲得する、そんな企業でありたいと思っています。

詳細を見る

夜景を作る仕事ができるのは、私たちだけ

電気工事の仕事の中に、夜景を作る仕事があります。私たちはあまり施工する機会がありませんが、これも私たち、電気工事士の仕事です。
夜の明かりをみて人がホッとする。そんな瞬間を作るれる私たちの仕事に誇りを持っています。
そのためには、丁寧に施工できる技術が必要です。

災害時に電気を復旧できるのは、私たちだけ

日本は台風や地震などの災害を乗り越えてきた国です。
そのたびに、道を直し、建物を立て、生活を取り戻してきました。近年の災害ではいかに早く電源を復旧できるのかが注目されます。
twitterなどのSNSが災害時の情報インフラになることから、電気の復旧にさらに注目されています。

KECの働き方改革

How we work.

怒鳴り声で指示しない


KECでは、怒鳴り声で指示しないようにしています。 電気工事の現場は、危険な行為や危ない時は大きな声で 注意しますが、業務内容の指示や人がやってしまうミスを 怒鳴り声で怒ったところで、あまり効果がありません。 丁寧に伝わる声でしっかり育てます。
もっと知りたい!

嫌味や陰口は禁止


気心の知れた仲間で働いていれば、大抵のことは乗り越え られます。職場の間で、嫌味や陰口が当たり前になって しまうことで、気持ちよく働けなくなります。もちろん 仕事上の怠慢や過失はしっかりと指摘し改善してもらいます。 お互いに気持ちよく毎日が楽しい仕事をするために、思いやる 気持ちを持てば、嫌味なんかは必要ないですよね。
もっと知りたい!

有給取得を必須にする


もちろん、有給制度は権利であり、取得の義務があります が、現場の仕事があればどうしても働いてしまい取得でき なかったりします。これは反省です。 KECでは、その反省から、しっかり取得できる業務体制を 整えています。取得できるタイミングでこちらから声かけを次の仕事に 向けてのリフレッシュをしっかりとして頂きます。また、プライベートを 充実させることが仕事への充実にも繋がると思っています。
もっと知りたい!

一人前の職業人にする


忙しく働けば働くほど、いったい何の為にこんなに働く のかわからなくなることがあります。自分を見失って いる状態ですね。 これにならないように、KECでは、まずは一人前の職人 を目指してもらい、将来的に独立を目指してもいいし 専務を目指してもいい。見失わないよう自々が目指す 将来に向けて個別で面談をする等、一人一人に合った サポートをしています。
もっと知りたい!

KECは怒鳴り声や嫌味を禁止

How we work with our people.

KECでは、怒鳴り声や嫌味を禁止しています。 仕事を教える上で怒鳴り声はまったく必要ありません。 昔は必要だったかもしれませんが私たちはそうは 思いません。

もっと知りたい!

有給取得を必須にする

How we work with our people.

丁寧にわかりやすく説明することで、みんなちゃん と伝わります。その方が成長が早く、仕事の質も 非常に高まります。

もっと知りたい!

一緒に働ける仲間を募集

I wanna to work with you.

社長からのメッセージ

MESSAGE

新卒 求人票

RECRUITMENT

中途 求人票

RECRUITMENT